無添加化粧品に変えてみる?!

無添加化粧品のコンセプト

無添加化粧品のコンセプトの一つには、「肌に不必要なものは含まない」ということがあります。もちろん、香りは人の心身を和らげてくれるという意味では様々な利点がありますが、実際にお肌に何かメリットがあるかというと、そういうわけではありません。ですから、化粧品から香料を排除しても、その効用には直接影響はでないわけです。また、着色料も同じです。また、クリームを滑らかにしたり、やわらかな感触を生み出す合成界面活性剤や合成ポリマーも実質的には不必要な物質です。合成ポリマーは、合成樹脂とも呼ばれていますが、一般に防腐剤や酸化防止剤として使われています。これらはいずれも化学物質であり、肌の健康にとっては、まったく不必要な成分なので、これも排除してオッケーです。防腐剤がなければ商品の劣化が進みやすくなってしまいますが、現在では多くの無添加化粧品で天然植物の防腐作用が利用されています。全体的には、化粧品配合成分を化学的なものから、天然成分へと移行する傾向があります。メーカーによっては、その成分のもとになる植物を無農薬や有機農法で作っている場合もあるのです。化粧品は、食品と同じで、体内に吸収され、健康に影響を与えるものであることには間違いありません。ですから、できる限り体に良いものを選んでいくことが大切です。